お金のこと

 突然ですが、僕はお金が沢山欲しいです。

 なんて事を言うと、人によっては良い印象を持たない方もいますよね。
 「お金」というものも、僕は非常に便利な「もの」だと思うのですが、崇める人あり、毛嫌いする人あり、中々不思議なものですよね。

 お金って、皆が価値があると決めているから、価値があるんですよね。

 昔々、物々交換だった時代は「もの」と「もの」を交換していたわけです。
 「そっちの肉と、こっちの米」「そっちの肉と、こっちのドングリ」みたいに。

 お金も、その延長線上であって「物々交換において、一定の価値を持ち、何にでも使えるもの」ですよね。
 「そっちの肉と、こっちの米」の時代には、肉と何かを交換したい人の所に、沢山お米が集まって来たら「あー、今日はもうお米は沢山だから、お米じゃ交換しないよ。」なんてことがあった…のではないかと思います。
 あるいは「ドングリはウチじゃ食べないし、他の場所で交換できないから、交換しないよ。」なんてこともあったかも知れません。

 いろーんなことがあって、お金ってものが生まれたんでしょうね。更に、お金自体の価値が動くこともあったから、色々とあって価値も定まったのでしょう。
 なので、今の世の中は「1000円札」なら「1000円」の価値を持ち、それ以外の「1000円」の価値を持つ何かと交換できる仕組みになっています。
 もちろん、それらを組み合わせてより高い価値を持つものを買うことが出来ますし、有難いことに価値に差があればお釣りを返してくれる仕組みになっています。

 さて。そんなワケで、お金を沢山持っていると言うコトは、高い価値のものと交換できる、ということです。
 「高い価値のもの」って一口に言いますが、その「もの」という漠然とした言い方の中には、正に「もの」と言われて思い出すような、家具、本、パソコン…などから、肉、野菜、果物…など、形のあるものもあれば、「サービス」お金と交換に何かをしてもらう、代わりにやってもらうなんてものもあれば、「雇用」お金と交換に時間と労働力を提供してもらうなんてのもあり、もっともっと幅広く、色々な「もの」が含まれているわけです。
 高い価値のものと交換できるようになるということは、選択肢が増えるってことでもあるんですよね。

 100万円と交換できるものの幅と、1万円と交換できるものの幅は大きく違います。
 お金を沢山持っている方が、選択肢が各段に増えるのです。

 この選択肢を広くするためにも、僕はお金が沢山欲しいのです。
 そんなワケで、華嵐堂の様々なコンテンツにおいては、広告、アフィリエイト、ユグドア経由のチップのお願いを積極的にして行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です